飛行機のシートの種類と予約方法

飛行機には、座る場所によって「クラス」や「区分」と呼ばれる座席名が存在します。
航空会社によって座席名や種類も異なります。代表的なシートについてご紹介しましょう。

<「ファーストクラス」のシートについて>

ファーストクラスのシートはゆったりとした空間や心地よい座席が設けられています。
料金は各種類の中でも一番高級なシートとなります。
航空会社によっては食べ物や飲み物の種類も異なるなど特別待遇を受けらえる場合もあります。
また、一番初めに搭乗できるのもファーストクラスの良さです(身障者が優先される場合もあります)。
芸能人や社長など名のある人が搭乗しているケースもあるようです。
上質な飛行を味わいたい人はファーストクラスのシートを予約してみるのも良いでしょう。
「プレミアムクラス」、「エクストラシート」など様々な呼び名があります。

<「ビジネスクラス」のシートについて>

ファーストクラスほどではなくとも、Economyclassよりも広くて快適な席が「ビジネスクラス」のシートです。
ビジネスと書かれていますが、必ずしも仕事関係の人しか乗れないわけではありません。
ただし、ビジネスクラスは主に出張で行き来している人や大人の人が利用していることが多い傾向にあります。
尚、ビジネスクラスであっても、なかにはfirst-classと同様にシャンパンやアイスクリームのサービスが受けられる場合もあります。
ファーストクラスとビジネスクラスを利用したことがある人の中では「ビジネスクラスで充分」と感じる人も多いようです。
少し余裕のある飛行を満喫したいと考えている方にはBusinessclassをおすすめします。

<「Economyclass」のシートについて>

座席の中でも一番リーズナブルな席がエコノミークラスです。
最後の搭乗となるので、乗り込む時間はやや遅めになります。また、座席はお世辞にも広いとは言えません。
ファーストクラスやビジネスクラスのような堅苦しさがないので、友人や家族と一緒に和気藹々と乗り込める点が良いです。
短時間の飛行であり、多くのサービスも求めない場合はエコノミークラスで良いでしょう。

いかがでしたか?
ちなみに、どのシートも事前予約が必要となります。
飛行時間や希望するサービスに合わせて座席を選んでみるのも良いでしょう。
また、どの席も安全に対する配慮は同等です。
楽しい旅行と一緒に飛行機のサービスを満喫してみるのはいかがでしょうか。