青森へ行くなら飛行機利用もおすすめ

<青森へ行くなら飛行機利用もおすすめ>

休暇を利用して青森に行ってみようといった人もいるかと思います。国内も飛行機移動が便利なので、飛行機のほうが移動しやすい人はぜひ飛行機で青森入りを果たしてみましょう。青森行きの航空券を探すにあたり最安値検索アプリがおすすめです。最安値検索アプリは最安値の航空券を探す上でもピッタリなシステムです。この機会にぜひ検索してみてください。

<青森へ行くなら飛行機利用もおすすめ>

青森入りの際は西海岸をぜひ見たいといった人もいることでしょう。「千畳敷海岸」についてもおすすめです。ここは寛政4年に鯵ヶ沢地震が発生した際にできた岩床の海岸となっています。ここはその昔津軽のお殿様がたたみを千畳ほどひいて宴会を行ったことがあります。その影響で現在も千畳敷と呼ばれているのです。
五能線についても人気の高い列車です。五能線からも千畳敷に行くことが可能なので、機会があれば乗ってみるのも良いでしょう。千畳敷の駅では15分ほど停車します。この間に千畳敷を見学するのもおすすめです。

<青森へ行くなら飛行機利用もおすすめ>

津軽海峡冬景色の歌はご存知の方も多いことでしょう。この歌の舞台になっているのが「龍飛崎」です。こちらもおすすめです。龍飛崎は強風地帯としても知られています。龍飛崎という名前は「龍が飛ぶほどに強い風」という意味があり名づけられたといいます。竜飛岬は津軽海峡を見渡すことができます。まずは龍飛崎灯台に行ってみましょう。ここでは北海道松前半島が見えるかもしれません。天気がよい日がおすすめです。
津軽海峡といえば「青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸」についてもおすすめです。こちらは青森駅付近にあります。
青函連絡船は昭和39年から昭和63年まで青森-函館間に就航しており、多く人が行きかう場でもありました。北海道に行く際は飛行機ではなく青函連絡船がメインだった時代です。その後青森と函館には青函トンネルが開通し、青函連絡船は時代に幕を閉じました。船内は当時の様子が残っており、 写真等が展示されています。郵便貨物車なども残っており、貴重な資料の場でもあります。
青森入りするなら春から秋がおすすめです。春ならゴールデンウィーク前後、夏なら8月上旬、秋なら紅葉のころがよいでしょう。この時期はイベントも多く大変にぎわっています。

国内の飛行機移動は体への負担も少なく、楽に移動できます。最安値検索アプリを活用して、ぜひとも青森入りを検討してみてください。旅行の際は忘れ物等ないよう、気をつけて移動してくださいね。