飛行機でのサービスの種類と予約方法

航空会社は顧客のニーズに合わせて様々なサービスを導入し展開しています。
サービスの実施は航空会社によって異なりますが、あまり知られていないサービスの一部をご紹介しましょう。

<飛行機の食事serviceに関する予約について>

航空券を購入した際に食事付きを選んだ場合に限りますが、食べ物のアレルギーを持っている人や宗教上の理由で食べられないものがある人は事前に航空会社へ必ず伝えておきましょう。
中にはベジタリアン向けの機内食を用意している航空会社もあります。
もちろん、全ての航空会社が要望に沿えるとは限りません。
自己管理・自己責任とはなりますが、食事を用意する側のことも考えて事前に伝えておくのも大切です。

<ペットと一緒に搭乗できるサービスの予約について>

搭乗する予定の飛行機にペットを乗せることができる航空会社も存在します。
ただし、ペットは荷物扱いとなるので搭乗者と同じように席に座らせるなど一緒に居られるわけではありません。
飛行機内にペットを管理する空間があり、搭乗者と同じ空調に整えられています。
しかし、動物は環境の変化に対応できない場合も考えられます。なので、命の保証があるわけではありません。

ペットと一緒に搭乗する人は増えているようですが、こちらもやはり自己責任となります。
尚、万が一のために保険へ加入しておきのも良いでしょう。航空会社から奨めているものもあります。
また、ペットと一緒に搭乗を希望する場合は必ず予約が必要となります。
ペットお預かり料金を徴収されることもあります。
必ず事前に航空会社へ連絡をし、ペットと一緒に搭乗できるのかどうか、料金はいくらなのか等、チェックしておきましょう。

<大きな荷物や大量の荷物がある場合>

楽器やスノーボードなど大型の荷物がある場合や荷物が大量にある場合も事前に航空会社へ知らせておきましょう。
荷物が高価で大切なものである場合は保険に入っておくのもオススメします。
航空会社によっては、空港内で快適に荷物の運搬ができるようカートの貸し出しなども行っています。
大きな荷物や大量の荷物は安全のためのチェックにも時間がかかるので、なるべく早めに預けておきましょう。

航空会社は安全で快適な旅行を目指して他にも様々なサービスを実施しています。
車椅子の方や持病がある方など身障者へ配慮された席もあります。
快適なサービスを受けるためにも、事前に航空会社へ知らせておく工夫をしておきましょう。