知っておきたい飛行機の種類

飛行機にはワイドボディとナローボディの2種類があります。
もともとはナローボディが主な飛行機でしたが、後にワイドボディの飛行機が誕生しました。

<ワイドボディとは>

ワイドボディの飛行機とは、その名の通り幅が広いことを示しています。
飛行機の中に2本の通路があるものをワイドボディ機と呼んでいます。
揺れも少ないため、飛行機が苦手な人にもおすすめ出来ます。

ワイドボディ機は機内全体や通路が比較的広く、狭苦しさが解消された機体です。
ただ、それ故に空気抵抗も大きく経費がかかるため、航空会社としてはあまりメリットがありません。
広々とした快適な飛行を望む場合はワイドボディ航空機を狙って予約してみるのも良いでしょう。

主な代表としてはボーイング747、エアバスA300、ロッキードL-1011などがあります。
ちなみに、セミワイドボディ機というものもあります。

<ナローボディとは>

格安航空券を購入した場合に特に利用されているのがナローボディです。
飛行機の元祖とも言えます。狭くて窮屈だと訴える人も多いですが、海外でもナローボディが主流です。

実は、ワイドボディを運行している日本は珍しい方なのです。
ナローボディの欠点としては、揺れやすいところもあります。
飛行機酔いを避けたい人はナローボディ航空機を避けた方が良いかもしれません。

<ナローボディが主流である理由>

ナローボディの航空機はワイドボディの航空機よりも小さいため、多くの人を乗せなくても飛行することが出来ます。
一方、ワイドボディの航空機は経費がかかる分、より多くの人を乗せなければなりません。

お客様への快適さを徹底的に求めると航空会社の運営が厳しくなります。
また、ワイドボディの航空機は比較的新しいため、ナローボディの航空機が航空会社に多くあるのも現状です。
工学が発達するにつれ、さらに快適で空気抵抗の少ない航空機が誕生することでしょう。

いかがでしたか?
航空会社は常に快適で安全、かつ経済的な運営を目指しています。
まだ完全とは言えないものの、これほどのものを人の手で作ってきたのだと思うと感慨深いものです。

より快適で安全な飛行を維持するためにも、マナーや規則をお客様にも守ってもらう必要があります。
ちなみに、飛行機にはまだまだ他にも種類や特性があります。色や形も様々です。
旅行そのものだけでなく、航空会社や乗る飛行機について知ってさらに楽しむのもおすすめです。

飛行機を予約する前に知っておきたい雑学

皆さんは、飛行機の種類や雑学についてどのくらいご存じでしょうか?
知っておくと得をするかもしれない飛行機の雑学についてご紹介しましょう。

<飛行機の空調について>

飛行機は常に換気をしながら飛行していることをご存じでしたか?
数分毎に外の空気と中の空気を入れ替えているため、息苦しくなることがありません。
ちなみに、酸素マスクの中の酸素は15分ほどしか持ちません。
でも、飛行機も空気を入れ替えているため、電車と同じように極度に不安に思う必要はありません。

<飛行機のトイレについて>

緊急時のためにも、飛行機のトイレは外側からも開けられる仕組みとなっています。
ただし、当然のことながら緊急時以外の時に開けられることはありません。
知っている人も少ないので心配いりません。
むしろ、万が一の時でも開けてもらえると分かっていると安心出来ます。

<バードパトロールの存在>

皆さんは「バードパトロール」をご存じでしょうか?
鳥が飛行機と衝突したり、エンジンに巻き込まれないよう観察・追放する人をバードパトロールと呼びます。
鳥が飛行機に近づきそうな時は空気砲を発砲することもあります。
バードパトロールによって人命はもちろんのこと、鳥の命も助けられています。
何気なく乗っている飛行機ですが、色んな人達に守られながら飛行しているのです。

<飛行機の不思議>

実は、飛行機がなぜ飛ぶのかについてはまだはっきりとは分かっていません。
おそらくこのような原理で飛んでいるのだろうと予測はされているのですが、完全に証明されているわけではないようです。
また、仮に飛行機のエンジンが切れたとしても、高度が高ければしばらく飛行することは可能であり、条件さえ整えばそのまま降りることも出来ると言われています。

<パイロットの工夫>

食中毒や体調不良等を避けるため、パイロットは同じ食事を摂らないようにしています。
お互いの食べ物を与えたり、交換もしないようにしています。
ちなみに、肩に4本の線が入っている人が機長、3本の線が副機長です。

<機長が持つ大きな権限>

機長は人命を預かる責任の重い役目を日々果たしています。
もし、搭乗前にお客さんが騒いで飛行を妨害する可能性がある場合は、機長からお客さんの搭乗を拒否してそのまま飛行することがあります。
お客さんがどんなに偉い人であっても人命を重視しているのが機長なのです。
飛行において、機長はどのような人よりも権限を持っています。

飛行機でのサービスの種類と予約方法

航空会社は顧客のニーズに合わせて様々なサービスを導入し展開しています。
サービスの実施は航空会社によって異なりますが、あまり知られていないサービスの一部をご紹介しましょう。

<飛行機の食事serviceに関する予約について>

航空券を購入した際に食事付きを選んだ場合に限りますが、食べ物のアレルギーを持っている人や宗教上の理由で食べられないものがある人は事前に航空会社へ必ず伝えておきましょう。
中にはベジタリアン向けの機内食を用意している航空会社もあります。
もちろん、全ての航空会社が要望に沿えるとは限りません。
自己管理・自己責任とはなりますが、食事を用意する側のことも考えて事前に伝えておくのも大切です。

<ペットと一緒に搭乗できるサービスの予約について>

搭乗する予定の飛行機にペットを乗せることができる航空会社も存在します。
ただし、ペットは荷物扱いとなるので搭乗者と同じように席に座らせるなど一緒に居られるわけではありません。
飛行機内にペットを管理する空間があり、搭乗者と同じ空調に整えられています。
しかし、動物は環境の変化に対応できない場合も考えられます。なので、命の保証があるわけではありません。

ペットと一緒に搭乗する人は増えているようですが、こちらもやはり自己責任となります。
尚、万が一のために保険へ加入しておきのも良いでしょう。航空会社から奨めているものもあります。
また、ペットと一緒に搭乗を希望する場合は必ず予約が必要となります。
ペットお預かり料金を徴収されることもあります。
必ず事前に航空会社へ連絡をし、ペットと一緒に搭乗できるのかどうか、料金はいくらなのか等、チェックしておきましょう。

<大きな荷物や大量の荷物がある場合>

楽器やスノーボードなど大型の荷物がある場合や荷物が大量にある場合も事前に航空会社へ知らせておきましょう。
荷物が高価で大切なものである場合は保険に入っておくのもオススメします。
航空会社によっては、空港内で快適に荷物の運搬ができるようカートの貸し出しなども行っています。
大きな荷物や大量の荷物は安全のためのチェックにも時間がかかるので、なるべく早めに預けておきましょう。

航空会社は安全で快適な旅行を目指して他にも様々なサービスを実施しています。
車椅子の方や持病がある方など身障者へ配慮された席もあります。
快適なサービスを受けるためにも、事前に航空会社へ知らせておく工夫をしておきましょう。

飛行機のシートの種類と予約方法

飛行機には、座る場所によって「クラス」や「区分」と呼ばれる座席名が存在します。
航空会社によって座席名や種類も異なります。代表的なシートについてご紹介しましょう。

<「ファーストクラス」のシートについて>

ファーストクラスのシートはゆったりとした空間や心地よい座席が設けられています。
料金は各種類の中でも一番高級なシートとなります。
航空会社によっては食べ物や飲み物の種類も異なるなど特別待遇を受けらえる場合もあります。
また、一番初めに搭乗できるのもファーストクラスの良さです(身障者が優先される場合もあります)。
芸能人や社長など名のある人が搭乗しているケースもあるようです。
上質な飛行を味わいたい人はファーストクラスのシートを予約してみるのも良いでしょう。
「プレミアムクラス」、「エクストラシート」など様々な呼び名があります。

<「ビジネスクラス」のシートについて>

ファーストクラスほどではなくとも、Economyclassよりも広くて快適な席が「ビジネスクラス」のシートです。
ビジネスと書かれていますが、必ずしも仕事関係の人しか乗れないわけではありません。
ただし、ビジネスクラスは主に出張で行き来している人や大人の人が利用していることが多い傾向にあります。
尚、ビジネスクラスであっても、なかにはfirst-classと同様にシャンパンやアイスクリームのサービスが受けられる場合もあります。
ファーストクラスとビジネスクラスを利用したことがある人の中では「ビジネスクラスで充分」と感じる人も多いようです。
少し余裕のある飛行を満喫したいと考えている方にはBusinessclassをおすすめします。

<「Economyclass」のシートについて>

座席の中でも一番リーズナブルな席がエコノミークラスです。
最後の搭乗となるので、乗り込む時間はやや遅めになります。また、座席はお世辞にも広いとは言えません。
ファーストクラスやビジネスクラスのような堅苦しさがないので、友人や家族と一緒に和気藹々と乗り込める点が良いです。
短時間の飛行であり、多くのサービスも求めない場合はエコノミークラスで良いでしょう。

いかがでしたか?
ちなみに、どのシートも事前予約が必要となります。
飛行時間や希望するサービスに合わせて座席を選んでみるのも良いでしょう。
また、どの席も安全に対する配慮は同等です。
楽しい旅行と一緒に飛行機のサービスを満喫してみるのはいかがでしょうか。

飛行機利用で安いチケットを探す方法

<最安値の航空券はアプリで簡単に予約できる>

飛行機利用で安いチケットを探す方法を知りたいといった人もいることでしょう。国内飛行機移動を検討している人は最安値検索アプリを活用するのもおすすめです。最安値検索アプリについて初めて聞いたという人もいることでしょう。最安値検索アプリは最安値を検索するアプリで飛行機についても調べることができます。格安航空券を探したい人にピッタリなアプリです。

国内の移動も長距離だと飛行機利用が便利かと思います。早めに予約すると安いチケットがあることもあるので、この機会にぜひ探してみるといいでしょう。
ゴールデンウィーク前半を利用して旅行計画されているのであれば、青森入りもおすすめです。この時期青森県は桜の時期となっています。ゴールデンウィーク前半は弘前公園の桜が満開を迎えるシーズンです。ここはぜひ行ってほしいスポットです。

<航空券を安く抑えれたら弘前公園を訪れる>

弘前公園は弘前城でもお馴染みの場です。ここは津軽為信が建設を計画して二代目の津軽信枚の時代に完成した場です。完成したのは1611年のことです。弘前城は三層の天守がシンボルとなっているのですが、1810年に再建されたもので、東北唯一の天守としても知られています。
公園にはソメイヨシノなどもあります。ソメイヨシノは日本最古でもあるので、ぜひ見ておきたいところです。また大枝垂れ桜やカスミザクラについても綺麗に咲き乱れています。

弘前の桜は花びらの数が多いことでも知られています。そのため通常の桜よりもさらに桜の花が多いような感覚を受けるわけです。満開時はそれこそ桜のじゅうたんになります。春になると堀から城内にかけて綺麗な桜が咲き乱れます。多くの観光客が訪れ、花見を楽しむ人も大勢みられます。
桜の時期は弘前公園でできれば1日かけてじっくり見たいところです。花見についても楽しむといいでしょう。弘前公園はBBQなど火の元は禁止となっています。屋台でおでん等を購入するのも良いですし、お弁当を持参して花見を楽しむのも良いでしょう。弘前公園では弘前大学の学生らも花見を楽しんでいます。昼から夜にかけてとてもにぎやかです。

桜の頃の弘前公園はまるで天国のような風景です。東北の中でもここが1番すごい桜のスポットではないでしょうか。
青森行きなど国内飛行機移動は費用をなるべく抑えて旅行したいところです。最安値検索アプリについて活用するといいでしょう。この機会に最安値検索アプリについても活用してみてください。それではみなさんにとって素晴らしい桜祭りになりますように。

最安値検索の達人になろう

<最安値検索の達人を目指す>

旅行好きの人はぜひとも最安値検索の達人を目指すことをおすすめします。最近は最安値検索アプリなどもありとても便利です。文字通り最安値をリサーチできます。国内飛行機移動にも最安値検索アプリはおすすめです。まだ利用したことがない人はぜひ利用してみるといいでしょう。国内各地でも飛行機移動が便利な場所も多数あります。離れているところだと時間の兼ね合いから便利なことでしょう。

<「奥入瀬渓流」>

飛行機で旅行を計画されているなら、青森入りもおすすめです。青森へはなかなか行けないので人も多いことでしょう。この機会にぜひ青森に行ってみてください。
青森でおすすめのエリアは「奥入瀬渓流」です。みなさんも名前を耳にしたことがあるかと思います。奥入瀬渓流は十和田湖までの約14kmほどの川となっています。この周辺は木々に囲まれており、岩や滝など綺麗な景色が特徴です。紅葉の時期はとくに込み合います。
ここは散策にもおすすめのスポットです。奥入瀬周辺に宿泊してこのあたりを散策するのも良いかと思います。
四季を通じて木々も違いますし、秋は特におすすめの場です。渓流沿いは一般の人が歩けるよう遊歩道の整備もされています。ハイキング気分で歩いてみるのもおすすめです。徒歩のコースなら子ノ口から焼山にかけて歩くといいでしょう。歩くのが苦手といった人は自転車の貸し出しもあるので、そちらの利用もおすすめです。自然と触れ合いながらサイクリングするのもまたおすすめです。この周辺の景色を楽しみつつ、チャレンジしたいところです。
奥入瀬渓流周辺は天然記念物の指定にもなっています。ここでぜひ見たいのが「阿修羅の流れ」です。テレビでもおなじみのスポットで見たことがあるといった人も多いことでしょう。ここの景色は素晴らしいです。ぜひともご覧ください。

<「白神山地」>

「白神山地」についても人気の高いスポットです。白神山地は世界遺産登録がなされています。東北の県境にかけて広がる山地で、ぶな林の地としても有名です。ここの総面積は13万haほどとなっており、そのうちの半分近くがぶな林です。このあたりはイヌワシやツガルミセバヤ、アオモリマンテマ、クマゲラなどいます。散策途中で遭遇することもあるかもしれません。
国内も飛行機移動だとさらに行動範囲が広がることでしょう。最安値検索アプリを上手に活用してぜひとも青森入りを果たしたいところです。青森はリピーターも多いところです。ぜひ行ってみてください。

飛行機最安値に迫る

<飛行機最安値についてリサーチする>

旅行を計画している人は飛行機最安値についてもリサーチするといいでしょう。国内も飛行機移動が便利。最近は安い航空券がでまわっているので、国内移動も電車から飛行機に切り替える人が増えています。安い航空券を探すのであればぜひとも最安値検索アプリを利用するといいでしょう。最安値検索アプリでは最安値の航空券が発見できるかもしれません。またポイントとしては早めに航空券を探すことです。早めに探すと航空券はさらに安価で購入できる可能性があります。
飛行機のチケットですが早割りを実施している航空会社も多く、JALやANAにですが仕組みとなっています。格安航空会社についてはさらに安価で販売していることもあります。旅行の際は飛行機代をいかにして抑えるか?もポイントとなります。

<「ねぶたの家 ワ・ラッセ」>

早割の航空券を利用して青森旅行に行こうとする方は、まずは青森市に立ち寄るといった人も多いことでしょう。青森駅周辺なら「ねぶたの家 ワ・ラッセ」についてもおすすめです。こちらは青森駅から徒歩1分ほどの場所にあるねぶたに関する施設です。ねぶたとは8月上旬に開始される青森ねぶた祭りで、その資料館となっています。青森ねぶた祭りは東北三大祭りの中でも特に見ごたえがあると評判のお祭りです。著名人も多く訪れるお祭りとなっています。ここの施設では1年を通してねぶたを楽しむことができます。ねぶたの時期に青森を訪れることができない人もここでねぶたを満喫するといいでしょう。ねぶたの家 ワ・ラッセは夏のねぶた祭りで実際に運行された大型ねぶたが展示されています。5台ほど展示されているので、ぜひ見ていると良いでしょう。また1日3回ねぶたの囃子体験などが実施されています。土日祝限定のものもあるので、スケジュールについては予めcheckしておくといいでしょう。

<「藤田記念庭園」>

「藤田記念庭園」についても人気のスポットです。ここは非常に広い庭園で東北では2番目の広さを誇っています。ちなみに1番目は岩手県の平泉毛越寺庭園です。大正8年に藤田謙一氏が別邸を構えるために東京から庭師を呼んでここを作成したといわれています。ここは江戸風の庭園となっておりすごいとしかいいようがありません。平成3年に開園したのですが、弘前市市制が100年を記念したことでオープンした場でもあります。
国内についても見所が多数あり、まだまだ行ったことがないスポットも多いことでしょう。

この機会に最安値検索アプリを活用して、国内飛行機移動にも役立てるといいでしょう。

飛行機利用で東北入りも楽々

<国内旅行に飛行機を利用する>

最近の国内旅行の傾向として飛行機を利用した旅行が増えています。その要因の1つが国内の飛行機移動が安価になりつつあることです。国内も格安航空会社が参入しており、航空券も安くなりつつあります。とにかく安く飛行機に乗りたい人は最安値検索アプリを使ってみるといいでしょう。最安値検索アプリでは最安値の航空券を探すことが可能です。今まで年に1度の旅行だった人も、2度行けるようになるかもしれません。
この機会に東北最北端の地「青森」入りを検討されてはどうでしょうか?青森は1年を通して自然あふれるスポットであり、最近は外国人観光客からも注目されています。まだ見たことがない人はぜひ行ってみてください。

<八戸市で有名観光地「種差海岸」>

八戸方面に行かれるのであれば「種差海岸」についてもおすすめです。ここは蕪島から約12kmほどの長さがある海岸で三陸リアス式海岸となっています。八戸市の東側に位置しており、景色が綺麗なことでも有名なスポットです。ニッコウキスゲなども咲いており、ちょっと変わった海外沿いとなっています。またここは種差天然芝生地としても有名です。ぜひ足を運んでみてください。
種差海岸の周辺は国の名勝指定にもなっています。このあたりは大須賀海岸から景色を見るのがおすすめです。葦毛崎展望台から綺麗な景色を見ることができます。ここは日本遊歩道百選にも選ばれており、人気の高いスポットです。地元の人の姿も見られます。

<三沢空港からの観光名所>

「法光寺」についても立ち寄ってみるといいでしょう。ここは曹洞宗のお寺であり、約750年前に北条時頼が立ち寄ったことで開基したお寺でもあります。当時北条氏は名久井岳山麗の草庵に立ち寄ったそうです。これがきっかけで今日の法光寺があります。
法光寺は昭和24年に三重塔が建設されました。当時は承陽塔として日本一の大きさを誇っていました。ここは道元禅師の骨が分納され祀られています。
八戸方面は八食センターなど海鮮類をはじめ、食材についても豊かな地です。おいしいものを食べたい人にもピッタリな場所となっています。八戸メインで観光するなら、三沢空港の利用もおすすめです。

国内も短時間で移動可能な飛行機移動を検討するのもおすすめです。飛行機のチケット価格のことなら最安値検索アプリを利用するといいでしょう。
なかなか足を運ぶ機会がない場所こそ、ぜひ行ってみたいところです。最安値検索アプリは出張でも活用できます。この機会にぜひ最安値検索アプリを活用してみてください。

青森へ行くなら飛行機利用もおすすめ

<青森へ行くなら飛行機利用もおすすめ>

休暇を利用して青森に行ってみようといった人もいるかと思います。国内も飛行機移動が便利なので、飛行機のほうが移動しやすい人はぜひ飛行機で青森入りを果たしてみましょう。青森行きの航空券を探すにあたり最安値検索アプリがおすすめです。最安値検索アプリは最安値の航空券を探す上でもピッタリなシステムです。この機会にぜひ検索してみてください。

<青森へ行くなら飛行機利用もおすすめ>

青森入りの際は西海岸をぜひ見たいといった人もいることでしょう。「千畳敷海岸」についてもおすすめです。ここは寛政4年に鯵ヶ沢地震が発生した際にできた岩床の海岸となっています。ここはその昔津軽のお殿様がたたみを千畳ほどひいて宴会を行ったことがあります。その影響で現在も千畳敷と呼ばれているのです。
五能線についても人気の高い列車です。五能線からも千畳敷に行くことが可能なので、機会があれば乗ってみるのも良いでしょう。千畳敷の駅では15分ほど停車します。この間に千畳敷を見学するのもおすすめです。

<青森へ行くなら飛行機利用もおすすめ>

津軽海峡冬景色の歌はご存知の方も多いことでしょう。この歌の舞台になっているのが「龍飛崎」です。こちらもおすすめです。龍飛崎は強風地帯としても知られています。龍飛崎という名前は「龍が飛ぶほどに強い風」という意味があり名づけられたといいます。竜飛岬は津軽海峡を見渡すことができます。まずは龍飛崎灯台に行ってみましょう。ここでは北海道松前半島が見えるかもしれません。天気がよい日がおすすめです。
津軽海峡といえば「青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸」についてもおすすめです。こちらは青森駅付近にあります。
青函連絡船は昭和39年から昭和63年まで青森-函館間に就航しており、多く人が行きかう場でもありました。北海道に行く際は飛行機ではなく青函連絡船がメインだった時代です。その後青森と函館には青函トンネルが開通し、青函連絡船は時代に幕を閉じました。船内は当時の様子が残っており、 写真等が展示されています。郵便貨物車なども残っており、貴重な資料の場でもあります。
青森入りするなら春から秋がおすすめです。春ならゴールデンウィーク前後、夏なら8月上旬、秋なら紅葉のころがよいでしょう。この時期はイベントも多く大変にぎわっています。

国内の飛行機移動は体への負担も少なく、楽に移動できます。最安値検索アプリを活用して、ぜひとも青森入りを検討してみてください。旅行の際は忘れ物等ないよう、気をつけて移動してくださいね。